HOME > 商品特集 > 引き上げ平湯葉 ~ 和漢薬膳師編 ~
最終更新日:2024年01月09日

引き上げ平湯葉 ~ 和漢薬膳師編 ~

★引き上げ平湯葉・平湯葉と銀杏の丸ごと蕪のスープ★

引き上げ湯葉は、風味が高く、揚げ・蒸しのどちらの食感も味わいも楽しめる一品にしました。
旬を先取る野菜が市場に出回り、菜の花を使用しました。風味の違う野菜を彩り良く組み合わせると、華やかな一品に
なります。

【材料】4人分    
引き上げ平湯葉   2枚
▪蕪(小)   4個
▪ぎんなん   8個
     
▪菜の花   8本
▪塩   小さじ1
▪鶏もも肉   200g
▪赤パプリカ   1/2個
▪塩   少々
▪黒胡椒   適量
▪コンソメスープ   400㏄
     
【作り方】
1.引き上げ平湯葉を自然解凍する。手前からくるくると巻き、端から1㎝幅に切る。
 半分を片栗粉をまぶして、油で揚げる。残りの半分は、蕪に乗せる分として置いておく。
2.蕪は、皮をむき、茎を3㎝残して切る。果肉は、上部1㎝を切り、下部をスプーンでくり抜く。
3.ぎんなんは、キッチンばさみで挟んで殻を割り、沸騰したお湯で5分茹でる。ざるに上げ、薄皮を取る。塩(分量外)をまぶし
 ておく。
4.菜の花は、鍋にお湯を沸騰させ、さっと塩ゆでし、水に取り、ざるに上げる。
5.鶏ももは、一口大に切る。塩を振る。
6.赤パプリカは、1㎝の角切りにする。
7. 2.に、5.→3.→6.→平湯葉→黒胡椒の順に入れ、コンソメスープを静かに注ぎ、弱火で20分煮る。
8.器に、7.、揚げた平湯葉、菜の花を盛り付ける。

— 効能 —
▪鶏は、気血の巡りを改善し、胃を整え、体を温めます。目や皮膚の健康を保護します。
▪菜の花は、ビタミンCが豊富で、気血の巡りを改善します。解毒作用、抗酸化作用、免疫力を高める効果がありま
 す。
▪パプリカは、加熱してもビタミンCが損なわれにくい食材です。蒸すことで甘味が増します。気の巡り、肝機能、胃
 の調子を整えます。
▪ぎんなんは、たんぱく質やビタミンCが豊富で、美肌効果があります。咳を止め、滋養強壮に効果があります。


★ 引き上げ平湯葉・三色巻の揚げ出し ★

引き上げ平湯葉は、使いやすいサイズで厚みがあるので、具材を包んで、蒸したり、揚げたりするのに最適です。

【材料】4本分    
引き上げ平湯葉   2枚
▪豚肉うすぎり肉   12枚
     
▪塩   少々
▪胡椒   少々
     
▪いんげん   8本
▪人参   1/4本
▪ごぼう   1/2本
     
▪かぼちゃ   1/4個
▪スナップエンドウ   8個
     
▪揚げ油   適量
     
〖だし〗    
A▪だし   300㏄
A▪しょうゆ   大さじ2
A▪みりん   大さじ2
A▪砂糖   小さじ1
     
〖水溶き片栗粉〗    
▪片栗粉   大さじ1
▪水   大さじ2
     
【作り方】
1.引き上げ平湯葉を自然解凍する。縦半分に切る。
2.豚肉は、塩胡椒を振る。
3.いんげんは、筋を取り、沸騰したお湯で塩ゆでし、水に取り、ざるに上げる。
4.人参、ごぼうは、千切りにし、沸騰したお湯で茹で、ざるに上げる。
5.かぼちゃは、薄切りにする。
6.スナップエンドウは筋を取る。
7.鍋に160℃の油を熱し、5.、6.を素揚げする。
8.まな板に1.を乗せ、豚肉を3枚広げて乗せ、手前に3.、4.を乗せ、くるくると巻いていく。4本作る。
9.片栗粉をまぶして、バットに並べる。
10.鍋に160℃の油を熱し、9を揚げる。きつね色になったら、油を切り、1本あたり6等分する。(※4本で24個分)
11.鍋にAを温め、水溶き片栗粉でとろみをつける。
12.器に10.、7.を盛り付け、11.をかける。

— 効能 —
▪豚肉は、体に潤いを与え、咳、肌の乾燥に効果的です。
▪いんげんは、カロテンや食物繊維が豊富で、疲労回復に効果的です。むくみや胃もたれを和らげます。
▪人参は、抗アレルギー、血流改善に効果的です。目の粘膜を保護し、免疫力をアップさせます。
▪ごぼうは、腎機能を高め、解毒作用があります。熱のほてりや炎症を和らげる作用があり、初期の風邪を改善し
 ます。
▪かぼちゃは、抗酸化作用があり、胃腸を温め、気の巡りを良くします。

この特集に関連する商品について問い合わせる。

おすすめ特集

Contact

受付時間
月曜~金曜のAM9:00~PM5:00
定休日
土日・祝祭日・年末年始・夏季休暇
TEL

フリーダイヤル

0120-646-747
FAX
06-6625-7171
お問い合わせフォーム
イメージ
イメージ
ページのトップへ戻る